読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

In the Air, We=I live.

狙うは超文法 与える興奮を 教訓を説く前にNo look own

嘔吐

就活生です。

最近うれしかったことはキリンからビールが届きそうなことです。

煙草をラッキーストライクからマールボロに変えました。

ジョージアのCMとメッツのCMにはまりました。

就活しすぎてて、自分の書いたものを読み返しては爆笑して。

自分らしさってのも一度なくさないとはっきりわからないもんなんですかね。俺、意外と凄い。

第一志望群は軒並み落ちて、残すところコンサルの持ち駒は一つになりました。ここはなんとか善戦したい。

あとは失いかけている本来の俺的発想を取り戻す。

サルトル」読んでますが面白い。嘔吐も読もう。

嘔吐といえば酒って感じですが、高校時代喰いすぎで嘔吐しました。

義務の履行と権利の主張というくくりで世界を切ってみても面白い。

息子としての、兄としての、副主将としての、部員としての、さまざまな肩書によって表象される義務を履行した者だけが権利を主張できる。当然ちゃ当然ですがつまりは社会に食われる、社会化ってそういうことなのかな、と。あと面白いなと感じたのは「社会に貢献しないと、困ったときに社会に助けてもらえない」という発想。これは今までなかったもので、社会を場ではなく差し向かいの「他」として見ている。僕が提唱していた「社会さん論」も似たような感じかもですが。困ったときに社会が助けてくれる保証はないわけですが、保証のあるものごとってそんなないよな。因果関係よりも恣意的なもの。あとはコンサル目指すうえでちょっとできるようになったロジカルシンキングフェルミ推定も面白いけど、ディメンジョンという整理のパターンはすごい。これはアリ。

 

いうところの「哲学」めいたものを職業にすることはあきらめましたが、やっぱ「そういうの」って面白いし、意識して入れてかないと無くなってくのも分かった。あとはもうちょい時間を割く人間を選ばないといけない。これは僕の生き方に反するものだけれど、行き先が定まるまでは必要なこと。

 

Δ