In the Air, We=I live.

常に狙うは超文法 故に与える興奮を 癖になる程標準語 プレイするのは脳運動 

fuck tha people 愛すべき人

1週間でジムに3回いけたのがすごい。

体重は減る気がしないけど、腕が太くなる。

ちゃんと有酸素運動も1時間やってるので、痩せないことはないはずなんだけど、、、

食事制限ーーーーーーーー!!!!

まぁ痩せてどうなるの、みたいな話はあるわけで。

ただ、体力を元に戻すことで、一日の活動時間を増やせるのは助かる。

 

最近衝撃的なことがあった。

いつものように死んだ顔でアマゾンプライムのあたしンち1stシーズンを見ていた時のこと。お父さんが酔っ払うと他人の傘を間違えて持って帰ってしまった、的な笑い話だったのだが、異様に引っかかる。いや、それはあかんやろ、みたいな方向に動く。

だからんどうなんだって、それが現象です以上のことは言えないんだけど、確実に思考パターンが凝り固まっている気がする。例えば朝のニュースを見るようになった。コメンテータの発言は世論を写したものになっていることが多く、突飛なことを言う人はなかなかいない。例えばtwitter。誰かが何かを叩いている流れを見ても、すっと入ってくるようになった。道徳的になった、一般的な思考を得た、と言うことが、こと僕にとっては非常に好ましくない。高校2年生の僕が恐れていた大人になりつつあることを感じた。入れる情報には気を使う必要がある。

原因はテレビやtwitterだけではなく、実用書しか読まなくなっていることにもある。

中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)
 

 確実に面白いであろうこの本を買ってから2ヶ月くらい経っているが、1ページも読んでいない。なのに勧めてすまんな、カワサキ

別に土日も仕事って状況でもないし、(8月は結構休日出勤してたけど)平日も電車で往復3時間くらいは時間があるののに、何となく食指が動かない。来週は長期休暇取る予定なので、そこで絶対読む。

 

仕事的には忙殺されまくった8月が終わり、そんなに忙殺されまくるわけではないであろう9月が始まった。ちゃんと考えなきゃいけないこと、読まなきゃいけない本、読みたい本、聴きたい音楽、色々ある。が、出来ていない。

去年は仕事が訳わからんくらい訳わからんかったので、土日も死んでたのは理解できる。が、多少は仕事も分かってきて、土日は切り替えられているはずなのに。。

と言ういつもの自己否定はさておき、いつまで東京にいるのか、次はどこへ行くのか、ということについては、早く決めなきゃいけないことだ。

最近は、このスペックの低さで、東京で働いていることが凄いんじゃないか的な発想に行きがちだけど、多分そんなことはない。人生に上下はない。ただ、いまがあるだけ。

 

金色さんにボーナスをもらったので、身の回りのものを一新した。

パラブーツを仕事用に使っていたけど、スーツスタイルには絶望的に合わないので、靴を買い直した。シャツも少しグレードアップした。

 

今日のライム的な感じで、タイトルは韻を踏むようにしている。

fuck tha peopleで「a u a i o」

愛すべき人で「a i u e i i o」

か。fuckの発音(というよりアクセントの場所)が違う気がするけど、そこはご愛嬌。

I know.

 

Δ