In the Air, We=I live.

狙うは超文法 与える興奮を 教訓を説く前にNo look own

下がりたがりの高い高い/謀り許りのニライカナイ

先々週にCDコレクトを再開してから既に11枚増えている。異常だ。

中古も多いのでそこまでの支出じゃないにしろ、金は飛ぶ。

こういう収集の仕方をしていると、1枚1枚をじっくりと聴かなくなる気がするが、存外とそうでもない。やる気の問題だ。

また音源の記事も書きたい。

 

今日は珍しく占いに行った。僕が住んでいる赤羽という街には、赤羽の母なる人がいるらしく、会いに行ったという表現の方がしっくりくる。占いは承認欲求を手軽に満たしてくれるのでお勧めだ。安くはないけれど。

 

あとは、4月から横浜での勤務が濃厚になった。いろいろあるのだ。

今のところ引っ越す予定はないが、単純に通勤時間が長くなるのが苦痛だ。しかもJR。

どうしようもない。

最近住環境の整備に謎に意欲的だ。今日は100均でボウルとスプーンを買った。シリアルが異様に食べたかったからだ。普段食パンを食べていて、なんだか味気ないなぁと思うことが増えたので、次はジャムとティースプーンを買おう。ビールグラスとウィスキーグラスしかなかった我が家の食器事情は、今まさに大きな躍進を遂げようとしている。(続)

 

とまぁ、東京に越してきてそろそろ1年になるわけだが、特段何も変わっちゃいない。

少しばかり仕事のやり方を覚えたくらい。散歩していると越してきてすぐの、期待と不安と不安と不安が入り混じった匂いがする。上野ではもう桜が咲いている。紛れもない春だ。夜が寒いところ以外は春だ。花粉症の方は辛いだろうが、過ごしやすい気候だと思う。

「春が来る」という表現は押し並べて良好であるように用いられる。

冬との対比、夏への前兆、秋の向かい側

四季と聞いて連想されるのは真賀田四季だ。真賀田四季と聞いて連想されるものはない。西之園萌絵と聞いて連想される個人はいるが。犀川創平もいないか。

小説は読まなくなったが、吉田篤弘が絵本を出していたので軽く読んだ。やはり好きな文章だ。僕が到底書けない文章だから。

 

いろんなことについて、クソどうでもいいので、流れる音楽とこのキーボードを打つ時間だけは確保したい。最後の砦だ。恥ずかしいことではない。恥ずかしいことじゃない。 

 

mind tuner #3

mind tuner #3

 

 

Δ