In the Air, We=I live.

狙うは超文法 与える興奮を 教訓を説く前にNo look own

じぶんのすきなことという脅迫観念

そろそろ学年が一つ下の代も就職が近づく2月。

自分も社会人として生き始めて1年が経とうとしている。

石の上にも三年的な意味ではまぁまだ1年だという見方もできるし、

院卒で入社することを考えると高が1年的な見方もできる。

将来の展望、なんぞや。

エンジニアとして生きていくのはかなり自分にとってはきつい。

元々ド文系の自分がなぜITに入ったのか、就活時期のおれが何を考えていたのかについては甚だ疑問だが、すでに抜かれたコルクは瓶には戻せない。

1月は色々バーストした。色々考えた。

結果、転職サイトの閲覧時間が増えた。

今の人生を分解してみる。

仕事80%(1日約12時間労働)

恋人10%(出会い系等で模索中)

その他10%(音楽制作、作詞活動やってない)

ちょー適当だけどこれくらい単純。

今辛い=仕事が辛い、なのだ

じゃーどうしよう。選択肢は結構ある。

①現状維持。解雇されない限り続ける。(相変わらず辛い)

②部署(現場)移動の希望を出す。(これが受理されるとは思えない。)

③正社員として転職(じゃあ何になるの?的な)

④フリーターに転職(生活がイカレる。今生半可にもらってるだけに)

⑤実家に帰って会計士の勉強(収入が消える。)

どれにもデメリットはあるが、③が有力か。

じゃー何になる?ってとこについては答えは出てる。

ライターか編集。

自分にとってここだけは譲れない、みたいなものがあるとすれば、それはこれだ。

キーボードを何も考えずに叩く時間。

それ自体を仕事にするってことにはリスクがある。これがなくなったら、この行為に価値を見出せなくなったら。みたいな。

本気出せば的な可能性を潰していくのが僕にとっての人生なので、早く自分に現実を突きつけるという意味でも、「書く」仕事は良い気がする。

まぁどうやったって正当化はできるんだから、言いたいように言ってるだけだ。

この1年間、僕が評価された点は2つ。

①文章の面白さ(伝わりやすさではないことがポイント)

②独自性(所詮少し変なやつ止まり)

これがわかっただけでええんやないか。みたいな。

あと、僕はどこまで行っても一人で生きていたいので、チーム戦は避けたい。これもわかった。

じゃあどうしますか、とりあえず動きましょう。

 

Δ