In the Air, We=I live.

狙うは超文法 与える興奮を 教訓を説く前にNo look own

お世話になっております。ちゃるおれです。

「お世話になっております」

この文言を嫌という程書き始めて、早くも9ヶ月が経った。

就職当時、まぁ半年持てばいい方だろうと高をくくってはいたが、謎に9ヶ月が経った。早いなぁ。どうでもいいんだけど、さっき買ってきたmacbook proのキーボードに慣れてなさすぎて打ち辛い。

 

年末は30〜31が夜勤だったため、昨日は口迫みて即就寝。今日は昼まで寝て、ご飯食べて、夕方まで寝て、秋葉原にこいつを買いに。明日が出勤の可能性があったので帰省はしてません。ことごとく実家帰らないぼく。

1月末に帰ろうと思ってます。まぁそれはそうとして。

 

昨年を振り返るタイミングを逃しましたが、まぁ新卒1年目に相応しいキツさだったなぁというのが正直なところで。研修時代はコードかけなさすぎだったし、アサインされてからはミスりまくってストレスから高熱を出し、38度ある状態で1週間出勤してマイルストンで転ける、というアホなことをやってたり。ずっと関西にいて、急に大都会に出てきたり、直近だと◯ムウェイのパーティ呼ばれたり、と挙げると切りがないくらいにはいろいろあった。僕はそういった「キツい」ことを軸にしか人生を語れない人種の人間なので、すげー不幸な印象にはなるけど、それなりに楽しくはできています。東京の知り合いも増えたし、仕事もなんとなーくではあるけど基本動作は身に付きつつある感じはある。10月にはプレゼンやって社長賞ももらったし。

とりあえず年は越しましたね。何かが決定的に変わる訳ではないけれど、2017年という今までと同じはずの1年間に過度な期待を寄せることを許されるこの三が日。ええやんけ、凡人が夢見て何が悪いんすか、的な。

 

Δ